インドI垰弋張汽廛薀ぅ困發△蠅泙靴植2014.11.27 Thursday

88.JPG
インドには不思議なことが沢山潜んでいる。
クッタララヤムの滝行に行った際の出来事。
有名な「聖なるインドの不思議なオウム」にあえた♪
 
以前からクマール師に聞いていて、
面白いなぁ〜と思っていたもののひとつだった。
是非私も一度体験してみたかったのも、脳裏にあった。
 
その経験値を踏めた舞台は・・・!
なんと、あの聖なる滝行に向かう前の
石畳の道端でしたっ(笑)・・・。
クマール師:
(ニコニコ・・)「キミさん、やってみますか?」
キミ:
「え?(とっても気になった私・・)はい!是非!(笑)」

代金を支払うと、賢者の指示で始まった♪
なんだかドキドキ・・
綺麗なオウムは、こちらを見ながらトコトコ活動開始!
(すると、オウムが賢者のもとに行くまでに幾度となく
何枚もカードを小箱から引き抜きはじめた!!!)
なんだか不思議な神々のカードBOXから
何回もカードを引き抜いては・・・チラリン〜☆
う、(^_^;)何度も私を見て確認してるぅ〜〜〜(笑)
何回か引き抜いては下に置き、を繰り返したかと思うと
満足そうに「コレコレ!!・・・」みたいな
得意気な様相をしたかと思うと、賢者のもとに
その一枚のカードを手渡した。

賢者が開けた封書からは唖然!!!\(◎o◎)/!

かなり驚いたのもそのはず。
私のカードの神は、「シヴァ神!」
その後、わたしへのメッセージがとてもリアルで
ワクワクするような楽しいものだった。
とにかく、サプライズだった!
私のことを語るためのカードが読まれていく中で
あ〜・・シヴァ神はやっぱり私と共にいる。。。
そう感じたのも確かな経験だった。
その内容は、この旅路に来たことも明るいもので
シヴァ神が常に私を護っているからこそ
叶っていることを知らせてくれたかのようだった。
寿命についても、まさか・・・!
アガスティア聖者からの話を、更に鮮明にしたような
そんな現実味あるお知らせを聞けてしまった(笑)
とにかく、楽しかった経験でした♪
87.JPG
86.JPG
まだ話は限りなくあります・・・♪と言いたいですが
週末大阪行きの出張が終わって、名古屋も鑑定予約の方の
クンダリーChart製作が終わったら・・・♪
お話綴れるかなぁ~(^_^;)
☆彡そして、新しいHPも制作中です〜☆
お楽しみに〜゚+。☆(*uдu人uдu*)☆。+゚
 
インドから帰ってきてからは、特に時間があっという間です。
何かと忙しいのですが、頑張ってます(^_-)-☆
また時間をみて
書き込みします〜(●^o^●)
posted by: sunsar | 神秘 | 01:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

★OM SRI SAI RAM★ババ様へ2011.05.02 Monday

とうとう、この話も書き留めることにした。

よく考えてみれば、今日という日は特別な日だ。
シヴァ神の曜日とされる「月曜日」、しかも「2日」
(2という数字も月のエネルギーを意味する)
やっと、自分自身の中にある気持ちを形にできる日が来た。

VEDAの勉強も、この流れがなければ
偉大すぎて私には無理!だと
生涯諦めることだったに違いない。

ババ様のご容体(肉体)を求めていた時間、
私が為せることといえば、覚えたてのマントラだった。
時を見計らっては、マントラに明け暮れた。


・・・シュリ・サティア・サイババ。
私の中に鮮明に、ババ様は今も存在している。

4月の1ヶ月間、ババ様は私にあまり心配しないように・・
と、言わんばかりに多くの仕事を与えて下さりながら、
身体を脱ぐ仕度をなさったかのような気がする。

マハーサマディ。。。知らせを聞いた時には
耳を疑った。仕事どころではない心境だった。
いてもたってもいられずに、インドの様子を伺った。
日々、プッタパルティの様子を探しながら
ご容体を伺っていた私たちの気持ち。
人々は祈り、祈り、祈り。
世界中が、神に祈りを捧げる様子を
ずっと私も佇んで見ていた。

そこにあるものは、やはり神の存在だった。

神とは、いかなるものか。
それを、肉体を宿して知らしめ、示してくれた
私の中の不動の真実の愛の神。

誰が、どんな神を崇めようと、
唯一の神に繋がっていると教えてくれたのは
尊神、サティア・サイババだった。

月の暦で換算すると確かに予言どうり。
マハーサマディに至ったご年齢は96歳だった。
神は確かに肉体に滞在する期間を全うされていた。
ババ様は宇宙を月の暦で換算された訳で
シヴァ神の化身らしい(シヴァは月と密接なる関係を持つ)
そう思えた。

報道では、84歳とか?テロップが流れていて
私的には、まぁそんなことはあまり意味を持たないけど。

バガヴァン・シュリ・サティア・サイババ様。
肉体を宿した御姿を一目でも拝した私にとっての想い。
その恩寵に触れ、一切を超越した存在を気付かせてくれた事。

神は遍在している。
誰がどんな想いを描こうとも、一切が神だと教えられた。
化身は化身。ほんの小さな一部分を捉えては
一喜一憂してきた私達。
ここに生きる意味を、ババ様の教えを基に楽しみたいと思った。

それが、マハーサマディに捧げる私の祈りになる。

来年は、必ずまた、プッタパルティに行きたい。
復活祭の日に肉体を脱がれた意味も、私には大きく感じた。
肉体は朽ち果てていくもの。私達はすべてが同じ。
ヴィブーティ(神聖灰)を出してくれた本当の意味は
奇跡にある訳ではなくて、真実を人が知るためのものだった。

すべては、宇宙。一切のものがどこからくるのか。
そして、すべてはひとつだと。
このヴィブーティの意味は「無」という無限を教えてくれた。

シルディ・サイババ。サティア・サイババ。プレマ・サイババ。
この切なるカリユガの時代に、心を込めて生きたい。
サティア(真実)のサイババに出会えた人生の祝福に感謝して。

ありがとう、神なるバガヴァン・シュリ・サティア・サイババ様。
この先、ずっと人々の中に貴方を見続けたいと思います。

OM SRI SAI RAM
真心を込めて。

KIMI BANNO
 
posted by: sunsar | 神秘 | 06:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

月と金星☆2011.03.30 Wednesday

今日は「月」と「金星」が大接近する日らしい。
そこで、ふと自身の占星術チャートを思い起こした。

ブログには勝手な楽しみごととして
つぶやき続けてしまおう(笑)
好きな分野を見つめていないと
仕事に専念する元気が湧いてこない(・・;)

でも私の楽しみごとなんて
スピリチュアルしかない訳で(^_^;)(笑)
何でかなぁ〜とちょっと不思議に思う。

以前は「モノ」を手に入れるためならば
高価であっても欲しいと思ったら買い求めてた私。

今は、モノを手放してでも欲しいと思うのが
スピリチュアルな事柄や勉強だったりする。
そのために出会う人達との関係も
最近増えてきているのも事実。

おもしろいのが(笑)私の占星術チャート上3室に
「月」と「金星」が一緒に同室している事。

月はメンタルな部分、感受性、心を表し、
金星は美しさ、上質さ、高級度を求める意もある。

だから、どうしても贅を求める傾向に傾くのも
自分でも承知しているんだけれど
これは、「モノ」に対してだけではないようだ(笑)
 
スピリチュアル的な事柄にだって
「一流」でなければつまらなく感じてしまう。

つまり、ウマ師はやっぱり「一流」なのだと思う。
何度鑑定してもらっても、私を納得と感動の渦へと
決して残念だったと思わせない本質的な回答を導く。
アガスティアの葉も同質の立派な叡智で
自身は本当に心から満足してきたように。

もともとは、疑い深く見つめて吟味する私も
今は敬意と自信を持ってイベントのご案内が出来るのも
3室に輝く「月」と「金星」の承意と感謝している(笑)

今後も良い出会いは繋がる運命。
土星期のマハーダシャに向かいながら
新たなる土壌も楽しみに、前向きに行こうと思っている。

そう、一個だけでもいいから
大切に育てたい楽しみの苗を心に植えておこう。
生きている証になるような花が咲くことを夢みて。

せっかくの生きる命を大切にしなければいけないから。

OM SAI RAM
☆(-o-)☆

posted by: sunsar | 神秘 | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
Copyright(C) SUNSAR All Rights Reserved.

完全予約制

当店は完全予約制です。
ご予約はお電話のみで承っております。
営業時間外・休日・施術中はお電話に出られない場合がございます。
恐れ入りますが留守番電話にお名前とご連絡先を残して頂けましたら、こちらから折り返しご連絡させて頂きます。

パンチャング式インド占星術スクール
NHKでご紹介いただきました

NHK全国放送で、当店の耳エステをご紹介頂きました。ストレスにさらされている現代人には必要不可欠な、新しい「癒し」の人気メニューです。













qrcode


管理者ページ